H12 北海道:石狩低地東縁断層帯に関する調査


0 はじめに



1 活断層の定義と調査計画

1−1 活断層の定義および活動性

1−2 調査計画



2 石狩低地東縁断層帯の概要

2−1 断層帯とその周辺の地質構造とテクトニクス

2−2 断層帯の概要

2−3 断層帯周辺の地震活動



3 石狩低地東縁断層帯の地形

3−1 地形の概要と地形面区分

3−2 段丘1面(最高位面;t1)

3−3 段丘2面(高位面;t2)

3−4 段丘3面(中位面;t3)

3−5 段丘4面(低位面;t4)

3−6 段丘5および沖積錐面(最低位面;t5)

3−7 沖積面および現河川氾濫原面(a)



4 石狩低地東縁断層帯の地質

4−1 地質・地質構造の概要

4−2 南長沼層(Mn)

4−3 滝の上層(Ta)

4−4 川端層および軽舞層下部・振老層(Kb)

4−5 岩見沢層および軽舞層上部(Iz)

4−6 追分層および萌別層(Ow)

4−7 清真布層および峰延層(Km)

4−8 段丘1堆積物(T1)

4−9 段丘2堆積物(T2)

4−10 段丘3堆積物(T3)

4−11 段丘4堆積物(T4)

4−12 段丘5堆積物および沖積錐堆積物(T5)

4−13 沖積層および現河川氾濫原堆積物(Al)

4−14 火山岩類

4−15 第四紀末の火山灰鍵層

4−16 低地下の地下地質(長沼市街付近および道横断自動車道沿いの断面解析)

4−16−1 長沼断面(長沼市街付近)

4−16−2 北海道横断自動車道断面



5 活断層の分布・規模と地下構造

5−1 断層変位地形の分布・位置・延長

5−2 地形断面解析および断層変位部の簡易測量

5−2−1 岩見沢市街(岩見沢断層)

5−2−2 栗沢(栗沢断層)

5−2−3 千歳市泉郷(泉郷断層)

5−2−4 早来町富岡(馬追断層・嶮淵断層)

5−3 活断層露頭

5−3−1 栗沢(栗沢断層)

5−3−2 千歳市泉郷(泉郷断層)

5−3−3 自衛隊東千歳駐屯地・富岡(馬追断層)

5−3−4 その他

5−4 地震活動関連露頭(地割れ・小断層)

5−5 断層変位地形からみた活動度

5−6 物理探査測線とボーリング・トレンチ・ピット調査候補地の選定

5−6−1 岩見沢・栗沢断層

5−6−2 泉郷断層

5−6−3 馬追・嶮淵断層



6 物理探査およびボーリング調査による地下構造調査

6−1 重力調査(プロファイル)

6−1−1 測定方法と測線・測点

6−1−2 ブーゲー異常の特徴と活断層の位置

6−2 反射法地震探査

6−2−1 探査の方法

6−2−2 岩見沢測線(浅層反射法;P波)

6−2−3 泉郷測線(極浅層反射法;S波)

6−2−4 早来測線1(浅層反射法;P波)

6−2−5 早来測線2(極浅層反射法;S波)

6−3 ボーリング調査

6−3−1 調査の方法と諸元

6−3−2 岩見沢市街日の出

6−3−3 岩見沢市街緑が丘(ピット箇所付近)

6−3−4 千歳市泉郷嶮淵川沿い(トレンチ箇所付近)

6−3−5 早来町富岡フモンケ川沿い(トレンチ箇所付近)

6−4 既存物理探査資料



7 トレンチ・ピット調査と活断層の活動履歴解析

7−1 岩見沢・栗沢断層

7−1−1 調査の目的

7−1−2 緑が丘ピット

7−1−3 活動履歴と変位量

7−2 泉郷断層

7−2−1 調査の目的

7−2−2 いずみ学園南東ピット

7−2−3 嶮淵川沿いトレンチ

7−2−4 活動履歴と変位量

7−3 馬追断層

7−3−1 調査の目的

7−3−2 フモンケ川沿いトレンチ

7−3−3 活動履歴と変位量



8 過去に発生した地震の規模



9 まとめ



おわりに(将来の地震活動)



参考文献


巻末資料